笑顔の地下鉄

ある雨の日の地下鉄。
3列並んだ優先席にママと3~4才位の男の子が座っている。
しばらくすると、男の子が2つの席にまたがるように占領。

「そんなワガママしないの!他の人が座れないでしょ!」とママが諭す。
男の子には何も聞こえていないかのように見事にスルー。
周りの目を気にしてなのか、だんだんママの声が大きくなっていく。
ママは躾けようと一生懸命なのだろう。
でも男の子は相変わらずスルー。

昼間なので周りに立っているのはほんの数人だけ。
しかも優先席に座るべき人は見当たらない。

「人も少ないからそのままでも大丈夫よ」と、ママに声かけようかなぁ。
でも、それじゃあママを慰めるどころか恥をかかせてしまうかも・・・

そうだ!私が座ろう!
「ねぇ、ボクのお隣に座っても良い?」

男の子はスーッと席を譲ってくれた。
「お席譲ってくれてありがとう。嬉しかったぁ」

それを見ていたママは・・・
「ちゃんとお席譲れて偉かったね~」「良い子だね~」「お利口だったね~」
怒っていた時間を打ち消すかのように、笑顔で褒め言葉の嵐。
男の子は照れたような笑顔になってママに寄りかかる。

「子どもは何も分かっていない」と、大人は決めつけてしまうけど、
子どもなりに状況を見ているのだろう。
本当のワガママだったら席は譲らないはずだもの。

外は土砂降りだったけど、ママと男の子の笑顔に心は晴れやかだった。

 

文章 佐藤 由美

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

賛助・協賛のお願い

詳細を見る