ガミガミ言わないしつけの効果

『ガミガミ言わずに育てる方法』というワークショップを毎年行っている。

かなり反応がいい。

タイミングが合うとキャンセル待ちが出るほどの申し込みがある。

今年も3回シリーズで計画をしている。

 

提供する側の人間として日ごろから「ガミガミ言わない」ことを心がけている。

 

が、もちろん昔からそうだったわけではない。

紆余曲折を経て、ようやくなんとか、どうにかこうにか努力をし続けているということだ。

 

長女が結婚し孫ができた。

3歳半の女の子。

 

働きながら子育てをしている娘からは色々とお願いされる。

わが家でお留守番することも多い。

 

そして私は孫には「怒らない」と決めている。

怒らないだけで、「しつけない」わけではない。

必要なしつけはする。

 

食事時、お茶をこぼしたことがあった。

ばつの悪そうな顔をして「ごめんなさい。」とあやまる孫。

私はもちろん怒らない。

「大丈夫よ、だれでも失敗はあるんだから。

ちゃんとごめんなさいが言えたね。

これからお片付けするから拭くのを手伝ってくれる?」

 

孫はイキイキと手伝ってくれた。

 

「ありがとう。本当に助かった。」

見るとコップをテーブルの中央に置いている。

「あら、こぼさないように遠くに置いたんだね。」

と言うとうれしそうにうなずいていた。

 

数日前、長女がこんなことを報告してくれた。

 

朝、娘が飲み物をこぼした時のこと。

孫がすかさず言ったことばは、

「心配しなくていいよ、ママ。失敗はだれにでもあるんだから。」

 

怒らないしつけの効果はこれですよ!みなさん!

 

 

 

  文章 鶴田明子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

賛助・協賛のお願い

詳細を見る