子育てほど、やりがいのある仕事はない

親子のマネーカウンセラー鶴田 明子

結果を出している親子関係のプロ集団です。

子育てほど、やりがいのある仕事はないと思っています。もしも子育てに失敗があるなら、家族関係も人生も大きく損なわれてしまうのでは・・・。実は、親子関係・家族関係って、とても関係づくりが難しいのです。だからこそ“学ぶ必要がある”のです。家族関係が良ければ、人生で起きる多くの問題も大ごとにならずにすむと思います。お金の問題も健康の問題も、良好な人間関係によって解決することが多いからです。
ペアレント・スキルアップ福岡のメンバーは、子育てのスキルを学び、それを実践し、豊かなスキルを多くの人に伝えてきた人の集まり。子育てを終え、孫育てに入った人も多く、やってきたことの結果を体験しています。メンバーはみな包容力いっぱい。また、自身の意見を一人ひとり持っています。誰か、力の強い人の意見だけが取り上げられることもがありません。どんな人の意見も尊重されるので、全員が納得して物事を進めることができるNPOです。
▶『お金と上手につきあう子になる育て方 子育てに必要な愛情とお金の渡し方がわかる本』鶴田明子著

依頼の多いテーマ

1.子どもに怒り?
長女(6歳)にだけ、怒りの感情がわく。なかなか感情を抑えられない。下に1歳の息子がいて長女の嫉妬がすごいため。
2.子離れできるのかしら?
長男(一人っ子)が可愛くて仕方がない。とかく関心は勉強に偏りがち。勉強は子どものほんの一面なのですが。
3.言われないと宿題(勉強)をしない。
4.部屋を片付けない。
◎子育てには「愛と技術とエネルギー」が必要。愛情だけでうまくいくのなら子育てに苦労する人は少ないはず。「技術」はコミュニケーションスキル。「エネルギー」には体力やお金のエネルギーも含まれます。
◎その子自身の個性を育てることの大切さを伝えたい。そのためにはまず、親自身が自分自身を大切にすることです。
◎なんでも親が解決しようとするのではなく、子ども自身が問題解決の力がつくような接し方へ。
◎大人になって困らないお金とのつきあい方。まずは親から人生に必要なお金のことを学びましょう。
◎子どもの個性を育て、子ども自身の「好きなもの、嫌いなもの。得意なこと、不得意なこと」を知ることは、本人の職業選択にも通じます。親の価値観を捨て、子ども自身の価値観を大事に育てる。
◎子育ての目的は「保護者がいなくても幸せに生きていけるように自立させること」。子どもの自立を意識した子育ての提案を行い、親自身が自分の生き方=子育てが終わった後の長い人生をどう生きるのかということも見つめます。

自分の気持ちを言い、相手の気持ちを聴きましょう。 大人もガマンせずに伝えることは大切です。 子どもはちゃんとわかってくれます。

経歴・保有資格・委員・自身の強み

◇福岡大学 人文学部卒業
◇ファイナンシャルプランナー(AFP)
◇FP技能士2級
◇高等学校教諭二級普通免許状
◇中学校教諭一級普通免許状
◇教育資金アドバイザー
・小田部一丁目一区 町内会会計(2018-19)
・博多青松高校 PTA役員会 副会長(2013-14)
自身の強み
①お金の話と子育ての話。別々の話と二つが融合した話ができる。
②3人の子育てと2人の孫育て経験
③鈍感なところ→すぐにカッとしない
④いいかげんなところ→自分の失敗、他人の失敗に寛容
⑤失敗談が多くあるので、人に劣等感を感じさせない講演会

講演内容(福岡県)

●子育て女性就労支援事業「働く前に知っておきたい経済指数」[のべ約160人](2019年行橋・門司/2016年福岡・北九州・筑豊・筑後/2015年久留米・飯塚)
●子育て女性のための合同会社説明会&就職支援セミナー講師[のべ約30人](2017年飯塚・直方)
●北九州市 ウーマンワークカフェ北九州「就職に役立つより良い家族関係の築き方」2017年
●福岡市博多区生涯学習課 博多市民センター[のべ約120人]
(2018年50代から考えるセカンドライフセミナー/2017年セカンドライフセミナー①保険の話②相続の話)
●宗像市消費者支援ネット 子育て世代のライフプランセミナー「子どもとのかかわり方とお金の準備」
●福岡市子どもプラザ[のべ約120人](2019年「ガミガミ言わずにしつける方法」/2018年「子育ての不安にバイバイ~子どもとのかかわり方とお金の準備~」)

どんな時も笑いを提供!

コロナ禍の今、お母さんや子どもさんへ

家族とはいえ、気持ちは聞いてみなければわかりません。
「家族だからわかるはず」「これくらいは言わなくても大丈夫」ではなく、ちゃんと自分の気持ちを言い、相手の気持ちを聴きましょう。大人の気もちもガマンせずに伝えることは大切です。子どもはちゃんとわかってくれます。

おすすめの本・映画・体験・HAPPYポイント

●本 「いない いない ばあ」松谷みよ子 作 瀬川康男 絵、「おこだでませんように」くすのきしげのり 作 石井聖岳 絵、
「はじめてのおつかい」筒井頼子 作 林明子 絵
●体験 散歩、ブロック遊び
●HAPPY 疲れた時にエネルギー補給にハグをしてもらう。1歳時でもしてくれますし、とても力が湧いてきます。 
●愛読書 「子どもへのまなざし」佐々木正美 著、「お母さんはしつけをしないで」長谷川博一 著、「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」小倉広 著

教材販売のお知らせ