お子さんと目と目で話せる喜びを大切に。

熱く温かい経験豊富な子育てリーダー吉田 有子

「やって良かった」を実践的に伝えます

アドラー心理学で学び、やってみて良かった関わり方を実践しやすい方法でお伝えします。講師が一方的に教えるのではなく、共感的な態度で気づきを促しながら、講座参加者に、学ぶ意欲や実践する勇気を支えます。
・子どもや家族とのムダな争いごとがなくなり、穏やかな安定した気持ちで過ごせるようになる。
・子どもの自己肯定感を育むことで、自分自身の自己肯定感も育めるようになる。
・自分の子ども時代を振り返り、親との関係が良くなる。
・自分の気持ちを見つめ整理する、話の聴き方や問題解決法が身に付く。
・ファミリーミーティングの学びは、家庭生活はもちろん、社会生活全般にも活かせて大いに役立つ。

依頼の多いテーマ

1.子どもの受験・就職・結婚に関する悩み
2.小・中・高校生の不登校
3.子どもの人権
PTA対象、自己肯定感や自尊感情を育てる子どもへの関わり方の講演会。
4.アドラー心理学に基づく子育て講座
保護者に子育ての悩みや不安を分かち合える場の提供と学びを提供。


軽やかな心を持つ。

経歴・保有資格・委員

◇鹿児島女子短期大学初等教育学卒業
◇小学校教諭二級普通免許
◇幼稚園教諭二級普通免許
◇チャイルドカウンセラー、家族療法カウンセラー
・・・・・・・・・・・・・・・
・百道公民館 主事(2019-現在)
・百道校区 人権尊重推進協議会事務局(2006-現在)
・福岡県家庭教育支援員(2018)
・百道校区 自治協議会事務局(2006-16)
◎今は公民館の仕事が趣味になっています。

PR・活動

①幼稚園に勤務した経験から様々な子どもの個性を受け入れられる。
②話しやすさ、親近感がある。
③高齢者との交流の機会が多い。
・子育て講座・おしゃべりカフェ開催(当団体主催)
・PTA子育て講演会・人権講座開催(城南小・片江小・田村小・怡土小など)

力を入れすぎないで。

コロナ禍の今、お母さんや子どもさんへ

力を入れすぎない。
その方が、大らかな余裕を感じさせ、安心と健やかさを与えられるそうです。お子さんと目と目で話せる喜びを大切に。

おすすめの本・映画・体験・HAPPYポイント

●本 「かしこいビル」ウィリアム・ニコルソン、「ロバのロバちゃん」ロジャー・デュボアザン、「ねずみのウーくん」マリー・ホール・エッツ
●愛読書 「超訳 ニーチェの言葉」、「シュタイナーの治療教育」高橋巌、「素直な心になるために」松下幸之助、「人生がときめく片づけの魔法」近藤麻理恵、「なるほどデザイン」筒井 美希
●体験 どろんこ遊び、つるピカ団子づくり、山や海など自然の中での遊び
●HAPPY 気心の知れた友達とのおしゃべり。草花の世話。

教材販売のお知らせ